FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告
トラックバック(-) コメント(-)

クサギカメムシ

庭の植物に水を与えていると、朝顔にカメムシがいました~。
RIMG0019


RIMG0019

RIMG0018

RIMG0017

RIMG0015

RIMG0013

RIMG0012

RIMG0014

クサギカメムシという少し大きめのカメムシみたいです。
この個体は15mmでした。
カメムシは植食性のものが多く、葉や茎、果実などに口を差し込み、液を吸収する。
草や木の上に暮らすものが多いが、地中で根につくものや、地表に生息し、落下した種子などから吸収するものもあるそうです。
このクサギカメムシも植食性のカメムシで、茎や葉から吸うだけでなく、成虫は果実も好んで吸う。
しかし、幼虫は果実にはつかない。
また、幼虫が寄生する植物はより狭い範囲の樹木であり、主たる栄養源はマツ、イチイ、スギ、サクラ、キリなどで、繁殖と幼虫の成長もここで行われる。
刺激を受けると悪臭を放つ。
その臭いは強烈で、「最も臭気の強い種の一つ」との声もあるようです。

関連記事

      にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 
       ↑  クリックして貰えると励みになります(・∀・)  ↑      

2012/08/17 18:12 セミ
トラックバック(0) コメント(0)

<< 送風機で成長促進! | | バルコニー改良しました >>









| トップページ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。